お風呂場の水漏れ修理

水漏れ修理が必要になることが多い場所として、次に紹介するのはお風呂についてです。お風呂は水漏れが発生しやすい場所が多く存在しており、それぞれ原因や修理の方法に違いがあります。お風呂で水漏れが起こりやすい場所としては、蛇口・配管・シャワー・浴槽等が挙げられます。

蛇口で起こっている水漏れについては、パッキン等の部品が破損していることが多いでしょう。水栓自体が劣化してしまって水漏れを起こしている場合もあります。いずれにせよパーツ交換による修理が必要になるため、自己修理が難しい部分です。

配管で起こっている水漏れについては、パイプ自体の劣化やつまりが原因になっている場合が多いでしょう。つまりが原因になって水漏れが起こっている場合については、つまりを解消することが修理となるため、比較的自分でも対処しやすい事態と言えるでしょう。

シャワーで起こっている水漏れについても、蛇口と同じくパッキンなどの部品が劣化していることが考えられます。また、シャワーヘッドに水が溜まってしまっていることで、動かした時に水漏れが起こることもあります。内部の修理が必要なケースもあります。浴槽の水漏れは、浴槽自体に傷がついてしまっている場合があります。大規模な修理が必用になるケースも考えられます。